カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一元化

困った時に、「ここに聞けばいい」というところがあると、とても心強いものです。
社会人ともなれば、困ったことはすべて自分で解決しないといけません。特に、現代ではパソコンというものがあります。そのため、困ったことがあれば、なおさら自分で調べて解決しないといけません。しかし、ITサービスに関することは、どうしても自分だけでは解決できないことがあります。
インシデントが起きた時は、サービスデスクを設けることで、解決への窓口が一元化されます。

インシデント管理は、業務を行う上でとても重要です。しかし、インシデント管理は自分だけでは解決できないこともあります。そういう時に心強いのがサービスデスクです。
「どこに問い合わせをしたらいいかわからない」という時に、サービスデスクという窓口に問い合わせをすればいいので、問い合わせをする方からしてもとても頼れる存在と言えるでしょう。

インシデント管理には様々な段階があります。しかし、担当者は急いで解決をしないといけません。そもそも自分が担当なのか?そして、問題はどこで起きているのか?その場合の問い合わせ先は?・・・など、考えることはたくさんです。

ただでさえイライラしているのに、問い合わせをしてたらい回しにされたのでは、いっそうイライラが募ってしまうでしょう。そういう時にも、サービスデスクは問い合わせを一手に引き受けてくれます。「ここに問い合わせをすれば大丈夫」という安心感があります。
サービスデスクによって、インシデント管理も今までよりスムーズになります。現在何が起こっているのか、そして今後はどのように対応していけばいいのかが見える化されるので、企業にとってはとても頼もしい存在だと言えます。

おすすめサイト

イシンデント管理のことは;株式会社ビーエスピー

カテゴリー
  • カテゴリーなし